ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  けん玉  >  基本技の紹介  >  08. 日本一周(にほんいっしゅう)

日本一周

とめけんと同じ持ち方で、利き手でけんを持ち、玉を回転さえずに真下に吊しておく。

ゆっくりと膝を使って小皿(大皿)の乗せる。

小皿(大皿)に乗せたまま、膝を使ってゆっくりと玉を上に上げ、 手首を回転させて大皿(小皿)に乗せる。

大皿(小皿)に乗せたまま膝を使ってゆっくりと玉を上に上げ、けんを立てて、落ちてくる玉の穴にけん先を入れて受ける。

この時、玉の穴が手前側を向いている方がけん先で受けやすいので、最初の皿に乗せるときにふりけんとは逆に玉に回転を与えて、自分の方を向くようにして乗せる。

こつは玉を引き上げる際に少しけんを前へ押し出すようにするとうまくいく。

あとは玉を動かさないように移動させることが肝心です。

日本一周

プリンタ用画面
友達に伝える
前
07. ふりけん
カテゴリートップ
基本技の紹介
次
09. 世界一周(せかいいっしゅう)

ページの終端です。ページの先頭に戻る