ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  山・滝・ハイキング  >  宍粟50名山+別撰5名山  >  035. 五蔵山(ごぞうやま) 2017.03.22

先日のお休みに、宍粟50名山 No.35 五蔵山 (ごぞうやま:790.8m) に行ってきました。

昨年の笛石山から約4ヶ月ぶりの山行きでした。登りはじめは身体が重く、今日は無理かなと思ったんですが、
汗が出始めると身体も軽くなり、けっこう歩けるようになりました。やっぱり身体は動かしてないとダメですね。
これで残りはあと7座。今年中の達成が目標です。さて、できるでしょうか。

池王神社の駐車場から続く林道を上っていきます。
整備はされてますがけっこうな登りもあり、 また長いのでなかなか大変です。
林道終点から登山道に入り、しばらく登るとNHKのアンテナに着きます。
ここが隣の岩谷山への分岐になります。 岩谷山は以前行ったんですが、ついでと行ってみました。
途中は倒木が多く、登山道には雪も残っていて、踏むと 足が濡れそうなので、倒木を迂回しながら登りました。
簡単に山頂に着いたので、すぐに引き返し、アンテナの分岐から 上っていくと
伐採が進んだ比較的平坦で見晴らしのよい尾根を歩きます。
松ノ崎山の手前の急峻なピークを上って下り、 再度登り返すと松ノ崎山に到着します。
このあたりが一番見晴らしがいいようです。
そこからまた下って、途中の 岩尾根(ここもけっこう急峻です)を乗り越え、もう一度登り返すと山頂に着きます。
山頂手前から少し雪が降ってきてました。なかなか歓迎してもらえたようです。
山頂は見晴らしはさっぱりなので軽く昼食を取り、松ノ崎山手前のシャクナゲ谷分岐に戻りました。
が、ここから先の下りはかなりの雪が残っていたので周回コースはあきらめて、往路を引き返しました。

五蔵山
↑ 松ノ崎山から見えた五蔵山
 
五蔵山
↑ 五蔵山山頂の標柱
 

【行き方】
中国道山崎ICをでて、R29を北上し、安積橋交差点で右折、県道6号を進む。
深河谷に入り、道路の左側に案内板があるので そこを左折し、深河谷川にそって進み、消防詰所が見えると左折し
橋を渡り、すぐの三差路も左折し上っていくと広い 池王神社の駐車場に着く。そこに駐車する。

五蔵山
 

【登山コース】
池王神社駐車場の登山口 → (林道) → 林道終点 → NHKアンテナ → 岩谷山 

→ NHKアンテナ → 松ノ崎山  → 五蔵山山頂 → 松ノ崎山 → NHKアンテナ → (林道)

→ 池王神社駐車場の登山口

五蔵山
 

上った高さ(山頂の登山口との標高差):約450m

歩いた距離:約11 Km

かかった時間:約3時間(休憩含む)

五蔵山

10:35

池王神社の駐車場。

ここからスタートします。

五蔵山

10:36

登山口の標柱。

五蔵山

10:36

舗装された林道を行きます。

五蔵山

10:38

日当たり良好の林道

五蔵山

10:41

案内板。
右の斜面から登れるようですが、途中で草に邪魔されます。

五蔵山

10:56

案内板。

五蔵山

11:02

人工林に入ります。

五蔵山

11:03

まだ、雪が残っています。

五蔵山

11:05

案内板。

尾根筋に出ました。

五蔵山

11:05

ルートの案内

五蔵山

11:06

次の案内板

五蔵山

11:08

さらに次の案内板

案内はたくさんあるんですが、意外にわかりにくいところもありますので、ピンクのテープを確実に追って下さい。

五蔵山

11:09

少し開けたところに出ました。

五蔵山

11:12

もう少し人工林を歩きます。

五蔵山

11:14

NHKのアンテナに着きました。

周りは木だらけですが、こんな状態で大丈夫なんでしょうか。

五蔵山

11:14

ここが岩谷山への分岐になります。

岩谷山は以前に行ったことがありますが、ついでなので行ってみました。

五蔵山

11:17

林道に出会います。

五蔵山

11:17

案内板

五蔵山

11:19

日当たりはいいですが、やたら倒木が多いです。

で、なぜか雪も残ってます。

五蔵山

11:23

岩谷山の山頂です。

4,5人のグループが来られてました。

すぐに戻ります。

五蔵山

11:31

分岐のアンテナに戻りました。

ここから五蔵山を目指します。

五蔵山

11:33

このあたりわかりにくいです。

案内板がなく、まっすぐ行きそうになりますが、この木の矢印に従って下さい。

五蔵山

11:34

案内板

五蔵山

11:37

急に小さくなった案内板。ここからはこれです。

五蔵山

11:37

ロープのある傾斜。

使う必要性は少ないですが、帰りの目印にして下さい。帰りはこの辺りわかりにくいです。

五蔵山

11:40

開けたところに出ました。

五蔵山

11:40

ここから見える景色。

暁晴山方面

五蔵山

11:41

段ヶ峰方面。

五蔵山

11:45

少し進んだところからの景色

五蔵山

11:45

上の少し左側

五蔵山

11:46

少し下ります。

五蔵山

11:47

横に林道がありますが、けっこう雪が残っています。

五蔵山

11:49

少し進んだところから見える景色。

五蔵山

11:50

このあたりなかなか見晴らしがいいです。

五蔵山

11:52

次のピーク

けっこう上り下りがあります。

五蔵山

11:52

矢印

五蔵山

11:56

松ノ崎山に着きました。

五蔵山

11:56

ここから見える景色1

五蔵山

11:56

ここから見える景色2

五蔵山

11:56

ここから見える景色3

五蔵山

11:57

シャクナゲ谷の分岐に着きました。

ここから下は雪だらけです。

五蔵山

11:58

案内板。

しかしここで岩谷山が出るとはね。

五蔵山

12:09

岩のピークを越えて、五蔵山に着きました。

ここで昼食休憩。

五蔵山

12:17

下山します。

五蔵山

12:30

シャクナゲ谷分岐に戻りました。

五蔵山

12:30

下を見ると雪だらけ。

雪の装備はしていないので、あきらめて来た道を戻りました。

五蔵山

13:27

池王神社の駐車場にある登山口に戻ってきました。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
034. 高峰 (たかみね)2013.09.19
カテゴリートップ
宍粟50名山+別撰5名山
次
036. 日ノ原山 (ひのはらやま)2012.11.21

ページの終端です。ページの先頭に戻る