ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ホタルの日記  >  最新エントリー

ホタルの日記 - 最新エントリー

今年は桜が一気に咲いて、きれいですね。

さて、花見にいこうということで、四国は香川県三豊市の荘内半島にある紫雲出山(しうでやま)の桜を見に行ってきました。

3回に分けてご報告します。 今回はその一回目:瀬戸大橋と与島SA

まずは、三木小野ICより山陽道に乗り岡山を目指します。 やたらと多いトンエルを抜け、倉敷JCから瀬戸中央自動車道へ。
そして橋を2つ渡った所にある 与島SAで休憩しました。
いったん島に下りるので、ジェットコースターのような道をぐるぐると下りていきます。
上下線共通の大きなSAで、ここからの眺めは瀬戸内海の島がたくさん見え、また瀬戸大橋をしたから見ることができます。
大きなショップもあるので、ここでお土産を買うことにしました。 ここでのんびりするのもいいかもですね。

瀬戸大橋と与島SA
 
↑ 瀬戸大橋 向こう側は香川県坂出市
 
瀬戸大橋と与島SA
 
ショップ
 
瀬戸大橋と与島SA
 
なかなか大きなショップです。
 
瀬戸大橋と与島SA
 
ココの展望台から見られる島々  この日は霞んでいたのであまり遠くは見えませんでした。
 
瀬戸大橋と与島SA
 
瀬戸大橋と与島SA
 
こんな感じで見えました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (77)

新はりまハイキングNo.13の薬師峰(やくしみね:616.2m)、ふるさと兵庫100山No.41の 七種山(なぐさやま:683m)に行ってきました。

薬師峰

 七種山

詳しくはこちらへ →  七種山のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (151)

水仙の後は、少し戻って、イングランドの丘に行ってきました。
ちょうどイベント「ラビットワーレン」開催中で、世界中のウサギが集まってました。

イングランドの丘

↑ 入場料800円を払って入ります。

イングランドの丘

↑ とりあえずウサギを見ます。

イングランドの丘

↑ 寒いからか、お腹が一杯なのか、たいてみんな寝てます。

イングランドの丘

↑ ここのウサギは元気でした。

イングランドの丘

↑ こちらは屋外にいるウサギ

イングランドの丘

↑ カピバラとウサギ

イングランドの丘

↑ ミミズク

イングランドの丘

↑ 鷹 呼ぶと近寄ってきてくれました。

イングランドの丘

↑ ワラビー

イングランドの丘

↑ ちょっと変わった猿

イングランドの丘

↑ コアラ

イングランドの丘

↑ ただいまお食事中

イングランドの丘

↑ かなり変な鳥

イングランドの丘

↑ クジャクですが、メスなので、羽根は開いてはくれませんでした。

イングランドの丘

↑ 羊

イングランドの丘

↑ おなじく羊

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (113)

先日のお休みに、淡路島の灘黒岩水仙郷に行ってきました。
時期的にはほとんど終わりで、南斜面は全くなく、北斜面のみわずかに咲いていました。
やはり、1月末〜2月初旬当たりがよさそうですが、寒いのでちょっと考えちゃいますよね。

 

灘黒岩水仙郷
 
↑ 駐車場からこの斜面を登っていきます。ちゃんと階段があります。
 
灘黒岩水仙郷
 
↑ この斜面に咲いている水仙 ↓
 
灘黒岩水仙郷
 
灘黒岩水仙郷
 
↑ 展望台から見える沼島 ちょっと曇ってるので、海がも一つですね。
灘黒岩水仙郷
 
↑ 後ろを振り向くと、淡路最高峰の諭鶴羽山が見えました。
 
灘黒岩水仙郷
 
順路に咲いている梅が見頃でした。こちらは白梅。
 
灘黒岩水仙郷
 
↑ こちらは紅梅。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (118)

駒の尾山-船木山-後山-笛石山縦走 2017.11.27

カテゴリ : 
執筆 : 
hotaru3 2017-12-1 19:58

千種側の駒の尾山登山口から、駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山と縦走し、松ノ木公園に下りてきました。

後山からおごしき山の平成之大馬鹿門をみて下りる予定でしたが、ちょっと雪が多そうだったので、笛石山に変更しました。

後山

歩いた距離:約13.5Km


かかった時間:約5時間30分


上った高さ:約500m(駒の尾山登山口と後山の標高差)


下った高さ:約1,000m(後山と松の木公園との標高差)

 

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 駒の尾山登山口

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 暗くて見えませんが、大海里峠

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ この辺りから雪が多くなってきました。

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 駒の尾山山頂

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 鍋ヶ谷山

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 船木山

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 後山

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 笛石山

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ 山頂直下にある猫石 かなり崩れたようです。

駒の尾山→鍋ヶ谷山→船木山→後山→笛石山

↑ これは去年の猫石ちょっとふっくらしています。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (236)

BIZEN中南米美術館に行ってきました。

カテゴリ : 
おでかけ
執筆 : 
hotaru3 2017-11-23 17:02

来年の干支の置物を買いに備前に行ったついでに、前から気になっていたBIZEN中南米美術館に寄ってみました。
こちらは個人のコレクションを展示している美術館ですが、なかなかおもしろかったです。
ご興味ある方は行ってみて下さい。
開館日はは土・日曜と祝日のみです。
詳しくはこちらへ↓
http://www.latinamerica.jp/

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

BIZEN中南米美術館

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (193)

宍粟50名山のNo.18.、新 はりまハイキングNo.18. 阿舎利山(あじゃりやま:1087.2m)に行ってきました。

阿舎利山

詳しくはこちらへ → 阿舎利山のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (336)

書写山圓教寺に行ってきました。2017.10.30

カテゴリ : 
 » 兵庫100山
執筆 : 
hotaru3 2017-10-30 20:05

ヤマサ蒲鉾の工場見学の後に書写山圓教寺に行ってきました。

紅葉は楓くらいで、まだまだといったところです。

書写山

↑ 唯一紅葉していた楓

 書写山圓教寺

↑ ラストサムライで有名な大講堂

書写山圓教寺

↑ 大講堂となりの食堂(じきどう:食事する所ではないです)2Fから見た大講堂

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (395)

姫路市夢前町にあるヤマサ蒲鉾の工場見学に行ってきました。
入ってすぐに目につくのは、おおきなカニの爪が目を惹きます。
工場見学は自由参加で、平日なら10:00と14:00に所定の場所に行けば可能です。
今回は第2工場(竹輪)と第1工場(かにかま)の見学でした。
工場はすべて平屋建てなので、階段歩きもなくとってもスムーズで楽に見学できました。
ま、とにかく広いのはうらやましいですが、仕事をする上では移動が大変でしょうね。

お昼はすぐ側にある直営店の「夢乃そば」できつねソバをいただきました。
汁は甘めですが、なかなか美味しいです。
帰りに、これも直営店の夢鮮館で、かまぼこやフライなどを買って帰りました。

また機会があればいってみたいと思います。

 ヤマサ蒲鉾

↑ 直営店の夢鮮館 こちらでは色々な商品を販売しています。また、この前が見学の集合場所です。

ヤマサ蒲鉾

↑ ヤマサ蒲鉾の工場 はいってくるとカニのつめにビックリです。

ヤマサ蒲鉾

↑ 夢鮮館の2Fはギャラリーで今回は一般公募の絵画の結果が展示されてました。

やまさかまぼこ

↑ こちらは今年の最優秀賞だそうです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (281)

宍粟別選5名山の十年の帰りに、砥峰高原のすすきを見に行ってきました。
もう見頃は過ぎているようでした。来年はもう少し早く行ってみましょう。

すすき

すすき

すすき

すすき

すすき

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (231)

ログイン

検索

オンライン状況

2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ホタルの日記 を参照しています。)

登録ユーザ:
0
ゲスト:
2

ページの終端です。ページの先頭に戻る