ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ホタルの日記  >  最新エントリー

ホタルの日記 - 最新エントリー

小部児童館けん玉教室

カテゴリ : 
けん玉
執筆 : 
hotaru3 2010-10-25 20:12

きょうは、小部児童館の10月のけん玉教室です。

先月は、急用で無理だったので、中止にしてもらったせいか
今日の参加者(10数名)のテンションはかなり高め。

挑戦意欲ばりばりで練習していましたが、なかなかうまくいかないせいか、
途中で投げやり状態。

それでも、認定を始めると再燃焼。

気持ちばっかりで、なかなか思うようにいかなかったようで、進級はなりませんでしたが、
それでも新しいワザはもひとつな割には、クリアしたのは余裕で成功させていました。

このあたり、なかなかの進歩ではないかと思います。というか、今までにないパターンです。
いままでは、行き当たりばったり的な感じの内容の子が多かったんですが、最近はしっかりと
自分のものにしてきている上に、さらに新しいのにチャレンジしている気がします。

なかなか上達のスピードは遅いですが、この感じだとしっかりとした土台が出来た、安定した
タイプの登場ではないかと期待しています。

あと5ヶ月ほどで終わりですが、出来る限り上まで行って欲しいものです。

がんばってね。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (512)

神出神社 秋の例祭 本宮編

カテゴリ : 
単なる日記
執筆 : 
hotaru3 2010-10-11 20:00

続いて、本宮編です。

昨日の大雨と変わって、朝から快晴。天気予報では曇りじゃなかったっけ。

集合場所に行ってみると、すでに飾り付けが始まっていました。
やっぱり、雨でないとなんでも早いです。
また、昨日と違ってたくさんの人が来ていました。
雨で来なくていいんなら、行かなかったのになあと一瞬思いましたが、他人は他人、自分の考えでやりましょう。


さて、準備が早々整い、いざ神社めざして出発。太鼓は1台だけなので、人が多すぎて何をしていようかと
思いましたが、とりあえず子ども達と一緒にロープを引っ張っていきました。
なんかしてないとつまんないですからね。

雨もなく、曇ったり晴れたりと天気は忙しく変わるのですが、前日と変わって、暑い暑い。
これなら雨の方がいいかと思うくらいでした。

順調に神社へたどり着き、また神社を1周することに。
しかし、昨日と同じ太鼓を担いでいるのに、なんだか様子が変です。
人数は多いように見えるんですが、ぜんぜんきちんと担げていません。
ヒーヒーいいながら何とか1周して、神社の方面に止めました。

それから神事が始まりましたが、ただひま〜の状態。
ようやく終わり、それから昼食休憩。このあたりず〜っと休憩したまんまです。

昼休みも終わり、全体写真も撮って、ようやく本番へ。
ここからが、大変なんです。
まず、神社の周りを2周してから階段を降りて、担いだまま200m程下にある御旅まで
行きます。そこで、さらに神事をすませて、再び担いで神社へ戻りさらに神社を3周して終わりという
とても過酷な旅が始まります。

2台に分かれて担ぎ上げ、いざ出発。

しかし、私の担当する方の太鼓は何だか変で、持ち上げているのが精一杯な感じ。
ちょっといい訳をすると、2台の太鼓のうち私が担当する方はかなり重いらしいのです。
なんとか落とさずに階段を下りたところで下ろして、台車に乗せることになりました。
ま、確かにこれ以上は無理でした。
人が多ければいいっってもんじゃなく、それなりに担げる人がいないと
足を踏んだりして、邪魔になるばかりでうまくいきません。

ここからは、転がしていく人と、先に行った太鼓の応援に分かれました。

私は、先の太鼓の応援へ。
さすがに長時間になると大変で、みんな苦しそうでした。
タイミングを見て、私も中に入り、なんとか御旅までたどり着きました。

神事を終え、再び神社へ。
またまたかついで、てっぺんまで上がっていきました。


やっぱりやる気がある人が集まるとうまくいくもんです。


無事到着して、再度神事をすませ、最後の周回へ。
これもほぼ同じメンバーですませ、めでたく納めとなりました。


皆様お疲れ様でした。
役員の皆様はもっと大変だったでしょう。ありがとうございました。

では、また8年後に!

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (460)

神出神社 秋の例祭 宵宮編

カテゴリ : 
単なる日記
執筆 : 
hotaru3 2010-10-11 19:59

神出神社 秋の例祭 宵宮のご報告です。

宵宮といってもべつに夕方から始めるわけではなく、単に本宮の前日ということです。


朝から降り続いている雨は止むことなく、開始時間にもまだ降っています。
そのせいで、太鼓の飾り付けが非常に遅くなって、約1時間半の遅れ。
その間ずっと雨の中、待たされておりました。
その上、集まった人の数も少なめ。

ようやくスタートで、まず、2台の太鼓をかついで公園からだして、台車に乗せます。
ずっとかついでいくなんてできませんから。

それから、約1Km離れた蘇民神社へ。ゴロゴロ転がしていきました。
これなら人数が少なくても問題ありません。
途中も相変わらず雨は降り続いています。
カッパはずっと着たままでした。

神社手前からまた担いで、神社の中へ。
ここで、昼食休憩です。
このあたりから雨が激しくなってきました。

1時間ほど休憩して再び元の公園へ。
猛烈な雨で神社内に水がたまり(とっても水はけが悪いようです)池のようになっていました。
またまた担いで国道を渡り、台車に乗せて公園へ戻りました。
途中も、ものすごい雨で、とにかく転がしていくのが精一杯。

そして公園から今度は1台を雌岡山の頂上にある神出神社まで運んでいきました。
距離は約2.5Kmほどで、その上山登りまであります。

途中から雨も小降りになり、だいぶ楽になりました。
それでも山登になるとなかなか大変で、汗だくになりながら押していきました。

太鼓は雨よけのため、全体をビニルで覆ってあります。
そのため、太鼓をたたいている子ども達は、暑さと酸素不足でダウン寸前。
散々声を出せと叱られていましたが、これでは無理というもの。
その上、1年生が多いチームではまずダメでしょう。
雨が少なくなって来たので、あわてて、ビニルを開いて、風を入れるようにしました。

最後のきつい登りを終えて神社手前へたどり着き、そこからは階段を上がらないといけないので
みんなで担いで登りました。
そして神社の周りを1周して、神事を終え、宵宮は終了しました。

しかし、ここ神社から実家まで帰るのもとても大変なんです(約3.5km)。

→ 本宮に続く

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (450)

アシダカグモ

カテゴリ : 
単なる日記
執筆 : 
hotaru3 2010-9-13 15:06

ある日の夕食の時、目の前のドアにヒラリっと舞い降りてきて、ペタッとくっついたのがいました。
最初はゴキブリかと思って、殺虫剤を取ろうとしたんですが、よく見ると異様に長い足が
ついているではありませんか。そう、とっても大きなクモだったんです。
タランチュラにしてはえらくスマートだし、日本にそんなに毒蜘蛛がいるわけがないので、
とりあえず外に出てもらうことにして、家族で追い回し、玄関から出しました。

後で調べてみると、名前がアシダカグモというそうで、私は初めて見ましたが、
家の中に住み着いているクモの一種だそうです。なんでもゴキブリ取りの名人だとか。
そういえば、最近ゴキブリをよく見かけるようになってたっけ。
たぶん、このクモに追いかけられて逃げてきてたのかもしれませんね。

とりあえず外に出しましたが、また知らないうちに中に入ってきてるんでしょうね。
寝ているときに、顔の上へ落ちてこないことをお願いしておきましょう。

アシダカグモ

(ウィキペディアより引用)

網を張らない徘徊性のクモで、全世界の熱帯・亜熱帯中心に分布する。日本には茨城県以南の本州・四国・九州地方に生息する。
夜行性で薄暗い所を好む。日本では主に人家で見られ、日中は雨戸袋や天井裏、家具の隙間などに隠れていることが多い。また、この他公園など屋外のトイレに行くと、よく便器や壁などにへばりついていることがある。

日本に生息する徘徊性のクモとしてはオオハシリグモ(南西諸島固有)に匹敵する最大級で、成体の体長は20mm〜30mm、全長(足まで入れた長さ)は約 100mm〜130mmで、足を広げた大きさはCD1枚分くらい。オスはメスより少し体が小さく、触肢の先がふくらんでいる。肉食性で、成熟後は比較的大 型の動物も捕食する。

その大きさから毒グモと勘違いされることも多いが、人間に影響する毒は持たない。同じくゴキブリなどを捕食するムカデとは違い、人間に対しての咬害も起こ らない。基本的に臆病で、人間が近寄ると素早く逃げようとする傾向が強く、近くの壁を叩くなどの振動にも敏感に反応する。ただし、素手で掴み上げるなどす ると、防衛のため大きな牙で噛みつかれる場合がある。

人家内外に住まうゴキブリやハエなどの衛生害虫や、小さなネズミなどを捕食してくれる益虫である。また、捕食中に他の獲物を見つけると、先の獲物をさし置 いて新しい獲物を捕食しようとする習性があり、短時間に多数の害虫を捕らえる能力を持つ。昆虫学者安富和男の著書『ゴキブリ3億年のひみつ』によると、ア シダカグモが2・3匹いる家では、そこに住むゴキブリは半年で全滅するという。

孵化した子グモはしばらく卵嚢の周りの壁にたむろしているが、これを発見した家人が手を加えると、次の瞬間に子グモたちはそこら中へと走り出す。この状況が「蜘蛛の子を散らす」という慣用句の語源となっている。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (517)

小部児童館けん玉ゲーム大会

カテゴリ : 
けん玉
執筆 : 
hotaru3 2010-8-30 17:10

昨日は、一年に一回開催のけん玉ゲーム大会でした。

以前は2チームに分かれて、対戦していたんですが、最近の子はとにかく待つことが苦手なので、
常に何か仕事を与えていないと暴れ回っちゃうんで、個人戦に切り替えてます。

参加者数47人=この日来ている人全員、で行いました。
予選は10種目を3回ずつ合計30点満点で行い、トップ8人を選んで、決勝トーナメントをしました。
2年生、3年生にとっては簡単なのが多いので、当然決勝に残ったのはほぼ予想通り。

決勝は大皿の早撃ちマックでの勝ち抜き戦。
まず優勝は間違いないと思っていたら、意外な人が優勝に。
この人、けっこういろんなゲームで勝っているらしくて、先生の評価は勝負強いタイプだとか。
度胸がいいんでしょうかね。

ま、このあたりが、勝負のおもしろいところです。また、来年もやりましょうね。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (607)

2010.08.15 満奇洞に行ってきました。

カテゴリ : 
おでかけ
執筆 : 
hotaru3 2010-8-16 15:47

岡山県の満奇洞に行ってきました。

詳しくは、満奇洞のページをご覧ください。 → 満奇洞のページ

満奇洞

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (525)

スミナガシにあいました

カテゴリ : 
おでかけ
執筆 : 
hotaru3 2010-8-16 15:20

スミナガシにあいましたって、なんか妖怪に出会ったようですが・・・。

先日の旅行の帰りに、道の駅ちくさに寄ったときのことです。

ショップに入ろうとしたときに、ふと柱を見ると妙なものがくっついています。

葉っぱかと思ったら、羽ばたいて自動販売機にくっつきました。
大きめの蛾かしらとよく見ると、蝶のようです。が、初めて見た蝶でした。

スミナガシ

ちょっと地味ですが、なかなかきれいな模様ですね。羽の端っこのVマークがなかなかかわいいです。

タテハチョウの仲間で、スミナガシというそうです。

新しい蝶と出会えて、得した感じです。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (512)

2010.08.09 飛龍の滝に行ってきました

カテゴリ : 
 » ひょうごの滝
執筆 : 
hotaru3 2010-8-11 16:09

佐用町にある飛龍の滝に行ってきました。

詳しくは飛龍の滝のページで。 → 飛龍の滝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (716)

2010.08.08 鮎返しの滝に行ってきました

カテゴリ : 
 » ひょうごの滝
執筆 : 
hotaru3 2010-8-11 15:42

佐用町にある鮎返しの滝に行ってきました。

詳細は鮎返しの滝のページで 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (658)

ミクシが大変なことに

カテゴリ : 
ちょっと一言
執筆 : 
hotaru3 2010-8-11 15:08

なってますね。

昨日今日とアクセスできない状態が続いています。
理由は分かっているということですが、なんなのでしょうか。

真剣に引っ越しを計らないといけないかもしれませんね。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (603)

ログイン

検索

オンライン状況

6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ホタルの日記 を参照しています。)

登録ユーザ:
0
ゲスト:
6

ページの終端です。ページの先頭に戻る