ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ホタルの日記  >  最新エントリー

ホタルの日記 - 最新エントリー

岡山県の井倉洞に行ったついでに、羅生門に寄ってみました。
井倉洞の駐車場から出てすぐを左折し、国道に出る手前を左折し、道なりに進みます。
これであってるのって気がし始めると案内板があり、そちらに進むと広い駐車場のある公園に着きました。
そこが羅生門への入り口です。
駐車場から遊歩道を100mほど進むと小さな案内板で右に下りるように書いてあります。
非常に分かりにくいので気をつけてください。遊歩道なりに進むと反対側の駐車場に出ます。
第一門から第二門、第三門と歩いて中をくぐれます。第四門は洞窟のようです。ここへは行けないようです。
第三門の周辺は水が多く、ぬるぬると滑りやすいので気をつけてください。
上るのはできますが、下りはちょっと危険です。滑って泥だらけにならないように。

なかなか不思議な雰囲気で、おもしろいです。

羅生門

↑ 駐車場にある説明。第一門から第四門まであるようです。

羅生門

遊歩道から細い道を下っていくと見えてきました。第一門のようです。

羅生門

↑ 第一門のほぼましたから見たところ。かなり大きいです。このあたりヒンヤリして気持ちいいです。

羅生門

↑ こちらは第三門です。中に入っていけそうです。第二門はこの反対側にあります。

羅生門

↑ こちらが展望台のある第二門。

羅生門

展望台から見えた第四門です。あちらは洞窟のようです。

羅生門

↑ 第三門に入ってみます。かなり急な上りです。

羅生門

↑ 第三門の向こうの様子。かなり茂っているのと足下がぬかるんでいてこれ以上は無理なようです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1453)

岡山県の絹掛の滝に行ってきました。

絹掛の滝

詳しくはこちらへ → 絹掛の滝のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (65)

宍粟50名山 No.28 銅山 (どうやま:953.7m) に行ってきました。

銅山

詳しくはこちらへ → 銅山のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (148)

オウネンの滝、扁妙の滝に行ってきました。

どちらも水量が少なくて、もひとつでした。

オウネンの滝

↑ オウネンの滝

扁妙の滝

↑扁妙の滝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (116)

いつものラベンダーパーク多可にラベンダーの花を見にいってきました。

今回はお昼に着いたので、お昼ご飯に親子丼を食べました。

ラベンダー

ラベンダー

ラベンダー

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)

SC21山手けん玉教室に参加される場合はSC21の会員登録が必要になります。

ご了承ください。

会員登録が必要です

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)

岡山県との県境尾根にある駒の尾山・船木山・後山の周回コースにチャレンジしてきました。

(駒の尾山は岡山県内にあります。)

お天気は申し分なく、気温はちょっと高めでしたが、適度に木陰があり、谷筋から吹き上げる風もさわやかで、最高の尾根歩き、まさしく「天空回廊、1000mの風に乗って」でした。ただ、黄砂のせいか、遠くが真っ白くぼやけてたのが残念です。それでも東は段ヶ峰など、北は氷ノ山、西は那岐山、南の目の前は日名倉山と名だたる名山も見え、とっても楽しい山歩きでした。このコースは秋にはもっと楽しめると思います。
これで宍粟50名山の46座制覇。完全制覇まで後4つ。今年中にいけそうです。



歩いた距離;約11Km

かかった時間:約4時間30分(休憩含む)

上った高さ:約520m

駒の尾山

↑ 駒の尾山山頂



鍋ヶ谷山

↑ 駒の尾山と船木山の中間にある鍋ヶ谷山。ピークとは思えず、見落とすところでした。



船木山

↑ 宍粟50名山No.4の船木山山頂の標柱。



後山

↑ 宍粟50名山No.3の後山山頂の標柱。兵庫県側では板馬見山と呼んでます。





【 行き方 】

中国道山崎ICからR29を北上。斉木口の交差点を左折してR429へ。鳥ヶ乢トンネルを越え、岩野辺から県道72に入り、千種高原スキー場をめざす。スキー場少し手前に駒の尾山登山口の案内が左手に見えたら、すぐ右手の駐車場に車を止める。

後山





【 登山ルート 】

駒の尾山・船木山登山口 → 大海里峠 → 避難小屋 → 駒の尾山 → 避難小屋 → 鍋ヶ谷山 → 船木山 

→ 鍋ヶ谷林道分岐 → 後山 → 鍋ヶ谷林道分岐 → 鍋ヶ谷林道登山口 → (鍋ヶ谷林道) 

→ 船木山登山口(林道出口) → 駒の尾山・船木山登山口

後山
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (166)

ふるさと兵庫100山No.22 行者岳(ぎょうじゃだけ 786m)に行ってきました。

詳しくはこちらへ → 行者岳のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (165)

白綾の滝に行ってきました。

カテゴリ : 
執筆 : 
hotaru3 2017-5-8 18:50

白綾の滝に行ってきました。(藤公園・生野銀山からの続きです。)

生野銀山も見終わったので帰ろうかということで出発したのですが、まだちょっと時間に余裕があるので
銀山からR312に向かう途中にある白綾の滝に寄ってみました。

【 行き方 】

掲載している地図とは逆になりますが、銀山からR429を下り、途中(三菱マテリアルの手前)の猪野の口を左折し、県道367に入る。だんだん道は狭くなりますが、そのまま3Kmほど進むと「乙女の滝まで0.3Km(?)」の案内板があり、さらに進むとお墓と滝への案内板がある。

そこを右折し橋を渡り林道を600mほど進むと橋が現れるので、その付近に駐車する。

ただ、林道はかなり傷んでるので、大きな車では無理かもしれません。不安な方はお墓のあたりに駐車してください。

白綾の滝

白綾の滝

↑ 白綾の滝 水量が少ないのでちょっとかわいそうですが、けっこうきれいな滝です。

白綾の滝

↑ 滝見台の対岸には不動明王が祀られています。

白綾の滝

↑ 祠のさらに右上(赤丸の中)にも仏像が祀られています。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (127)

生野銀山に行ってきました。

カテゴリ : 
おでかけ
執筆 : 
hotaru3 2017-5-8 18:40

生野銀山に行ってきました。(藤公園からの続きです。)

予定では、竹田城跡に行くはずだったんですが、駐車場から40分以上歩かないといけないので
この暑さでは無理と判断し、涼しい生野銀山に変更しました。
中の気温は13〜14℃くらいです。これからは上着があった方がいいでしょう。上着無しだとホントに寒かったです。

【 行き方 】(姫路方面から行くとしての説明です。和田山方面からでは生野ランプおりられません))

播但道有料道路の生野ランプをおりて左折し、R312の生野交差点も左折、次の信号を右折する。
道なりに走り、R429に入りしばらく行くと案内があるので、右折して駐車場に入る。
駐車場の奥が銀山への入り口です。

生野銀山

けっこう歩きますし、上から水滴も落ちてきたり下も濡れてますので、濡れにくい歩きやすい靴がいいんじゃないでしょうか。
中の様子はこんな感じです。↓

生野銀山

↑ 入り口手前にある不動滝

生野銀山

↑ 入り口

生野銀山

↑ 作業の様子を表現した人形 以下いろいろ出て来ます。

生野銀山

生野銀山

生野銀山

生野銀山

↑ 巨大に巻き上げ機

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (133)

ログイン

検索

オンライン状況

1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ホタルの日記 を参照しています。)

登録ユーザ:
0
ゲスト:
1

ページの終端です。ページの先頭に戻る