ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  ホタルの日記  > 

ホタルの日記 - 滝カテゴリのエントリ

オウネンの滝、扁妙の滝に行ってきました。

どちらも水量が少なくて、もひとつでした。

オウネンの滝

↑ オウネンの滝

扁妙の滝

↑扁妙の滝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (31)

白綾の滝に行ってきました。

カテゴリ : 
執筆 : 
hotaru3 2017-5-8 18:50

白綾の滝に行ってきました。(藤公園・生野銀山からの続きです。)

生野銀山も見終わったので帰ろうかということで出発したのですが、まだちょっと時間に余裕があるので
銀山からR312に向かう途中にある白綾の滝に寄ってみました。

【 行き方 】

掲載している地図とは逆になりますが、銀山からR429を下り、途中(三菱マテリアルの手前)の猪野の口を左折し、県道367に入る。だんだん道は狭くなりますが、そのまま3Kmほど進むと「乙女の滝まで0.3Km(?)」の案内板があり、さらに進むとお墓と滝への案内板がある。

そこを右折し橋を渡り林道を600mほど進むと橋が現れるので、その付近に駐車する。

ただ、林道はかなり傷んでるので、大きな車では無理かもしれません。不安な方はお墓のあたりに駐車してください。

白綾の滝

白綾の滝

↑ 白綾の滝 水量が少ないのでちょっとかわいそうですが、けっこうきれいな滝です。

白綾の滝

↑ 滝見台の対岸には不動明王が祀られています。

白綾の滝

↑ 祠のさらに右上(赤丸の中)にも仏像が祀られています。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (50)

岡山県の岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖に行ってきました。


岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖


【行き方】

中国道院庄ICで下りて、R179を北上。手前から「みずの郷奥津湖」、「道の駅 奧津温泉」、「妖精の森美術館」と国道沿いに現れる。
岩井滝へは、人形峠手前の分岐をR482へ右折し、案内にしたがって進むと駐車場に着く。
途中工事中の案内がありますが、気にせず駐車場まで進んで下さい。(もし工事中ならその指示に従って下さいね。)

岡山県の岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖


まずはこちらで腹ごしらえ。温泉亭バイキング 1,200円(税込)は超人気で12時頃には長蛇の列。
種類も多いので、全種類食べきれるかは一度挑戦してみて下さい。

岡山県の岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖

岩井滝を正面から見たところ。

実は、この滝へ行くのに入り口を間違えて逆方向に林道を進み、往復4Kmほどよけいに歩いてきました。これで充分お腹はこなれたようです。

正しい入り口からは400mほどですが、けっこう急なところもあるのでご注意を。

岡山県の岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖

この滝は、裏側に入ることできるいわゆる裏見の滝です。

裏側は結構広くて明るいです。裏を通って反対側まで行けます。

岡山県の岩井滝(裏見の滝)、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奥津湖
 

滝から少し戻ったところにある妖精の森ガラス美術館です。

ここにはウランガラスを使ったガラス製品の展示があります。




また、この時期には「静と動」展を開催していました。↓

岩井滝、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奧津湖



岩井滝、妖精の森ガラス美術館、みずの郷奧津湖


さらに戻って、みずの郷奥津湖からの奧津湖の眺めです。きれいな眺めで、とってもゆっくりできます。

紅葉はまだこれからですので、一度お出かけ下さい。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (227)

兵庫の滝No.29. 筱見(しのみ)四十八滝から峠山(篠山町)に行ってきました。

筱見48滝&峠山

筱見48滝&峠山

詳しくはこちらへ → 筱見48滝&峠山のページ

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (229)

こちらも恒例、岡山県の神庭の滝に行ってきました。

早朝からけっこう降ったので、期待していきましたが、なかなか見応えがありました。

ただ、滝近くではビデオで撮ったので、今回は掲載でしませんでした。(まだ加工してないので) また、残念ながら猿はいませんでした。

神庭の滝
 
神庭の滝
 
神庭の滝
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (192)

宍粟市千種町にある小河内の滝に行ってきました。

この滝は植松山登山道の谷コースの中間にあります。植松山に行かれる際はぜひご覧下さい。

登山道からすぐです。

行き方:植松山のページをご覧下さい。

小河内の滝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (476)

ひょうごの滝No.5 七種の滝(なぐさのたき)に行ってきました。

七種の滝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (230)

ひょうごの滝No.43.三室の滝に行ってきました。

三室の滝

詳しくはこちらへ → 三室の滝のページ

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (198)

先日、宍粟市の東山に行った帰りに、途中にある谷不動滝によってみました。

道路からすぐで、旗がたくさんあるのですぐに分かります。

滝自体は小さい(落差7mだそうです)のでも一つですが、この上に別の滝があるので、 また機会があればいってみたいと思います。

谷不動滝

 
 お不動さんの脇から階段があり一番下まで下りたところから見た不動滝
 
谷不動滝
 
子育て不動の看板
 
 
谷不動滝
 
由緒書きです。最近書き直したようですね。
 
 
谷不動滝
 
    子育て不動の祠です。きれいに管理されてますね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (654)

(さらに、続きです。)


昼食後、真庭市にある日本の滝100選の「神庭の滝」に行ってきました。


神庭の滝

 

勢いよく流れ落ちる神庭の滝

 

去年行ったときはとっても混んでいてけっこう下から歩かされたんですが、今回はよく空いていて、 入り口のすぐ下まで入れました。


しばらく歩くと猿たちがのんびりと毛繕いをしたり、昼寝したりとゆったりとした雰囲気で過ごしていました。


子猿が生まれてすぐのようで、みんな子育ての真っ最中のようです。


神庭の滝

 

神庭の滝



神庭の滝

大人の猿は子どものそばでゆっくりとしているんですが、子猿の中には好奇心旺盛なのがいて、足に触りにくるのがいたりしました。 たいした緊張感もなく、ゆっくり過ごせました。 最奥が神庭の滝で、雨のお陰で大量の水が流れ落ちてきていました。


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (690)

ログイン

検索

オンライン状況

1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ホタルの日記 を参照しています。)

登録ユーザ:
0
ゲスト:
1

ページの終端です。ページの先頭に戻る